メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候変動と戦う

クライメートポリティクス 干ばつ悪化、移民増 先進国の協力不可欠 アナ・ルシア・ソラノさんの話

アナ・ルシア・ソラノさん=本人提供

 グアテマラを含む乾燥回廊では、雨期が前後にずれたり、短期間に大量の雨が降った後で長期間降らなかったりという現象が起きている。地球規模の気候変動の影響だろう。

 主要作物のトウモロコシや豆は長期間雨が降らないと生育しない。農業用水をためて使う散水システムなどを整備できない小規模生産者は、特に深刻な打撃を受けている。

 米国を目指す移民は、貧しい地方出身者が多い。まず国内の中規模都市や首都に移り住むが、治安が悪いなどの事情で米国に移住するのが典型例だ。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです