メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
気候変動と戦う

クライメートポリティクス 干ばつ悪化、移民増 グアテマラなど「乾燥回廊」(その2止)

 

貧困あえぎ「脱出」 栄養失調、失われる幼い命

 作物不足が農村部のグアテマラ人を極度の貧困と飢餓に追いやり、米国への記録的な移住を促す大きな要因になっている――。米NBCテレビは2019年9月、前年に作成されたトランプ政権の内部報告書を入手し、報じた。米税関・国境警備局(CBP)が、拘束した不法移民への聞き取りを基に作成したという。

 18年秋には、中南米諸国から米国への移民を目指す1万人規模の「キャラバン」が注目を集めた。乾燥回廊が広がるグアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドルの3カ国は、干ばつが深刻化する前から貧困と治安悪化に悩み、米国への主な不法移民の流出国だった。

この記事は有料記事です。

残り1870文字(全文2158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです