メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

米中ハイテク戦争 北米総局・中井正裕

米中ハイテク戦争に揺れる世界最大級の家電IT見本市「CES」。トランプ米政権が輸出禁止措置を発動した中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)はグループ会社が最新スマートフォンを出展した=米西部ラスベガスで7日、中井正裕撮影

 米西部ラスベガスで毎年1月に開かれる世界最大級の家電IT見本市「CES」。世界から約4400社が参加し、人工知能(AI)など最先端技術を駆使した製品やサービスを披露する。

 今年のCESは、米中ハイテク戦争の影がじわりと広がっていた。トランプ政権が昨年、事実上の禁輸措置を発動した中国の通信機器大手ファーウェイは、子会社の展示にとどまり、電子商取引のアリババ集団など中国大手の不参加も目立った。展示会場では中国メディアの数も目に見えて減っ…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「手に負えなくなる。緊急事態宣言出すべきだ」 大阪・吉村知事がツイッターで発信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです