特集

毎日映画コンクール

毎日新聞デジタルの「毎日映画コンクール」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
映画「蜜蜂と遠雷」の一場面
映画「蜜蜂と遠雷」の一場面

 第74回毎日映画コンクールの各賞が発表された。日本映画大賞は「蜜蜂と遠雷」、日本映画優秀賞は「新聞記者」に決まった。若手・中堅監督による意欲あふれる作品が2019年の代表作として選ばれた。

 「蜜蜂と遠雷」(石川慶監督)は、国際ピアノコンクールを舞台にした4人のピアニストたちの青春群像劇。恩田陸の同名小説が原作で「実写化不可能」と言われたが、美しい映像で見事に音楽を表現した点が評価された。

 同作を監督した石川監督は監督賞、若き天才ピアニスト役を演じた鈴鹿央士さんはスポニチグランプリ新人賞を受賞。石川監督は「『今までにない音楽映画を作ろう』とスタートし、実際新しいものができた。受賞はとてもうれしい」と喜びを語った。

この記事は有料記事です。

残り1775文字(全文2085文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集