メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 社会的処方とは 生きる希望が湧く=千葉大予防医学センター教授・近藤克則

 「生きる希望が湧いてきました」とAさんの奥さんは言った。「40歳代で夫が倒れてから2年、高校生の子どもを2人抱え、どうなることかと不安ばかりでした。でも皆さんのおかげで諦めていた旅行ができました。本当にありがとうございました」

 「社会的処方」という言葉を聞いたことがあるだろうか。登場の背景には、1日にたばこを15本吸うことに相当するほど、孤独は健康に悪いなど、社会参加の大切さを示す知見の蓄積がある。それを根拠に孤独担当大臣が登場した英国を中心に社会的処方という言葉は広がった。

 健康が損なわれた原因が孤独であった患者さんの場合、孤独のままなら薬を処方しても効果は乏しい。一時の入院で回復しても孤独な環境に戻せば再び気持ちは沈んでしまう。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです