メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別区移行へ3段階 大阪都構想、府・市が工程表

 11月にも予定される大阪都構想の是非を問う住民投票で、大阪市廃止と4特別区への再編が賛成多数で決まった場合、2025年1月の特別区移行までに想定される事務手続きを、大阪府と大阪市が工程表にまとめた。都構想の制度案を議論する31日の法定協議会で示す。

 工程は事務作業の内容で異なるが、準備組織を始動し、課題整理を行う「初動期間」(20年11月~約6カ月間)▽再編後を想定した事務の試行や庁舎配置案を作成する「調整期間」(21年7月~24年3月)▽組織体制・職員数の最終決定や府と特別区の事務分担に従い条例案を策定する「直前準備期間」(24年4月~)――の3段階に分けた。

 経済界など府市の関係団体との調整は、調整期間で行う。特別区の本庁舎は建設せず、現在の市役所や区役所を活用するが、22年度までに具体的な配置案を仮決定する。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 「ヤンキー先生」三輪光教諭ら3人、体罰で自宅待機に 兵庫・飾磨工高柔道部

  5. ORICON NEWS 『翔んで埼玉』監督が暴露「冗談で企画出したら通った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです