メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

命の重さ 山口県下関市・豊崎香穂理(家業手伝い・51歳)

 拾った猫は猫白血病と猫エイズのキャリアーだった。うちの子になって毛がパサパサしてきたのを、年を取った猫なのだと私は勘違いし、ほほ笑んで見つめていた。

 彼は野良時代、近所の猫のボスだった。うちの猫たちもいじめられた。それは彼が野良のため、糧を得るには力で奪うしかなかったからだ。

 気性の荒い彼を手なずけるには1年以上かかった。うちの猫たちと同じ場所でご飯を食べたその日、彼は私の膝に前脚をつくと背伸びして顔を突き出し、私に感謝の意を示した。私は顔をなで…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです