メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、IR汚職は「副大臣に任命したものとして事態を重く受けとめている」

立憲民主党の枝野幸男代表(中央)らの代表質問が行われた衆院本会議=国会内で2020年1月22日午後1時4分、川田雅浩撮影

[PR]

 安倍晋三首相は22日の衆院代表質問で、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業を巡る汚職事件について「副大臣も務めた現職の国会議員が逮捕され、起訴されたことは誠に遺憾だ。かつて副大臣に任命したものとして事態を重く受けとめている」と述べた。

 その一方で、事件に関わることについては「個別の事案の捜査に影響する可能性があることから、詳細なコメントは差し控える」と述べるにとどめた。立憲民主党の枝野幸男代表への答弁。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです