特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「桜」新資料で新たな矛盾 答弁やり直しは「それはありません」菅長官会見

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
菅義偉官房長官=首相官邸で2020年1月21日午前10時52分、川田雅浩撮影
菅義偉官房長官=首相官邸で2020年1月21日午前10時52分、川田雅浩撮影

 首相主催の「桜を見る会」を巡り、22日午前の菅義偉官房長官記者会見でも質問が相次いだ。21日に内閣府が新たに国会に示した2014~19年の招待者数の内訳と、過去に菅氏が発表した概数に食い違いがあることを指摘された菅氏は「そんなに大きく変わっていないんじゃないでしょうか」と答え、再調査は否定した。主な一問一答は次の通り。【政治部、統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2977文字(全文3156文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集