特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

「招待者数の内訳根拠出して」「内部調整が必要」堂々巡りに 野党ヒアリング詳報22日

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題の野党合同追及本部のヒアリングで議員の質問に答える内閣府の酒田元洋総務課長(中央)ら担当者たち=国会内で2020年1月22日午前10時3分、川田雅浩撮影
安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題の野党合同追及本部のヒアリングで議員の質問に答える内閣府の酒田元洋総務課長(中央)ら担当者たち=国会内で2020年1月22日午前10時3分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題で、野党の合同追及本部は22日もヒアリングを行い政府側の見解をただした。前日に公開された2014~19年の招待者数の内訳についての質問が集中した。主なやりとりは以下の通り。【江畑佳明/統合デジタル取材センター】

招待者数の根拠となる文書「まだできていない」

 黒岩宇洋衆院議員(立憲民主) 参会者は直近(2019年)だと1万8200人。これの根拠となる文書の提出は?

 酒田元洋・内閣府官房総務課長 すみません。まだ作業が間に合っておりません。申し訳ございません。

 黒岩議員 どういうこと?

 酒田課長 中の調整も含めて、そういう意思決定をする時間が足りていないということでございます。

 山井和則衆院議員(無所属) 実際の参加者数になるには、数字を積み上げているはず。積み上げている(それぞれの)数字を出してと言っているだけだ。

 酒田課長 ご趣旨はよく理解しております。その上で、(内閣府の)中でそういった意思決定をしていく必要があるわけですが、昨日の(午後)7時に(野党ヒアリングが)終わって、この(午前)10時ということで、まだ間に合っていないということでございます。

 原口一博衆院議員(国民民主) つまり、「モリカケ」の時もそうだけど「総理案件は全部官邸を通せ、決裁を取れ」と言われているのか? そういうことか? (こちらは)「あるものを出して」と言っている。出すための決裁を取れない? 究極の隠蔽(いんぺい)の「栓」をしているのは、総理官邸じゃないのか? 何が間に合わない?

 酒田課長 どういう資料をどういう形でお出しするのか、まだ意思決定できている状況ではないということです。

 原口議員 誰が意思決定するのか。(官房総務課長である)あなたがすればいいじゃないか。

 酒田課長 私でできるものではないということです。

「内部調整が必要」

 黒岩議員 参加…

この記事は有料記事です。

残り3276文字(全文4072文字)

【検証・安倍政権】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集