メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領の弾劾裁判審議入り 証人招致めぐり共和、民主対立

[PR]

トランプ米大統領のウクライナ疑惑に関する弾劾裁判が開かれている米上院=AP

 トランプ米大統領のウクライナ疑惑に関する上院の弾劾裁判が21日午後(日本時間22日未明)、実質審議入りした。弾劾裁判の早期終結を狙う与党・共和党の提示した裁判の進行に関する決議案に対し、証人招致を求める野党・民主党が反発し、審理冒頭から激しく対立した。

 検察官役の下院代表委員を務めるシフ情報特別委員長(民主)は「多くの米国人は公正な裁判が行われるとは思っていない」と述べ、証人招致や新証拠の提示を要求。これに対し、ホワイトハウスのシポローネ法律顧問は「大統領は何も誤ったことはしていないというのが唯一の結論になる」と強調した。米大統領の弾劾裁判は史上3例目となる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 槙原敬之容疑者「18年以降はやっていない」 覚醒剤所持容疑 パイプ唾液DNA一致

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 路上喫煙注意され鉄パイプで襲撃 親子を殺人未遂容疑で逮捕 大阪・吹田

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです