メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛行機の乗客みなマスク姿 武漢市内で品薄 新型肺炎拡大防げ、対策進む

駅で消毒剤をまく職員=中国湖北省武漢市で22日、AP (Chinatopix via AP)

 発症者の増加が続く新型コロナウイルスによる肺炎について、中国国家衛生健康委員会は22日の記者会見で感染リスクの増加に警鐘を鳴らした。感染者が集中する中国湖北省武漢市は人の出入りを抑制する措置を本格化。動物園は休園になり、演劇やコンサートが次々に中止となっている。医療機関の発熱外来は人であふれ、マスクが品薄になるなど市民の不安も高まっている。

 中国は25日の旧正月(春節)を前に人の移動が激しくなっている。武漢は古くからの交通の要衝だ。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです