メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

結婚指輪や入れ歯、金メダルも…訪日客の忘れ物送ります 業者大繁盛の秘密

訪日外国人の忘れ物を整理する「カンデオホテルズ大阪なんば」の従業員=大阪市中央区で2019年12月17日午後1時40分、森口沙織撮影

 訪日外国人の急増で、宿泊先のホテルが忘れ物の対応に頭を悩ませている。衣類などの日用品から結婚指輪やスポーツ大会のメダルまで、忘れ物はさまざまだ。ただ、保管場所は限られ、海外への配送は手続きが煩雑。そんな中、大阪市内の物流会社が3年前に始めた配送代行サービスが人気を集めている。当初の依頼は月に数件程度だったが、現在は月1000件超と急増。東京にも営業所を新設する予定で、2020年の東京五輪・パラリンピックへ向けて活況を呈しそうだ。

 大阪市中央区の繁華街・ミナミにあるホテル「カンデオホテルズ大阪なんば」(496室)。19年12月中旬、1階のフロント横にある3畳ほどの倉庫で、スタッフの南詩織さんがため息をついた。「わずか1週間分です」。視線の先には、衣類や書籍、化粧品などで大きく膨らんだ袋が山積みになっていた。

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. 一斉休校は「科学より政治の悪い例」 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです