メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

車掌が仮眠から起床できず 列車遅れ300人に影響 JR仙山線

JR東日本の本社=東京都渋谷区で、嶋野雅明撮影

[PR]

 21日午後5時ごろ、JR仙山線山形発仙台行きの上り普通電車に乗務する予定だった20代の女性車掌が仮眠から起床できず、電車が定刻より16分遅れて発車するトラブルがあった。

 JR東日本仙台支社によると、車掌は山形駅構内の休憩室で仮眠した際、携帯電話のアラームを誤ってセットしていたという。車掌は起床後、電車に駆け付け、乗務した。

 この影響で同線の上下計3本に最大16分の遅れが出て、乗客約300人に影響した。【藤村元大】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです