メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松井・大阪市長「都への名称変更でも住民投票」 都構想、賛成多数なら

記者会見する松井一郎市長=大阪市役所で2020年1月22日午後2時12分、林由紀子撮影

 大阪市の松井一郎市長は22日、11月に実施予定の「大阪都構想」の是非を問う住民投票で賛成多数となった場合、大阪府の名称を「都」に変更するため、府民対象の住民投票を目指す意向を示した。2023年春の統一地方選と同時に実施し、賛成多数となって法整備などの条件が整えば、25年1月の特別区移行と同時に「大阪都」を名乗りたい考え。

 現行の法制度では11月の市民対象の住民投票で賛成多数となり、市が特別区になっても府の名称は変わらず、大阪府のまま。地方自治法は、都道府県の名称変更を「法律で定める」としており、都を名乗るには、法改正か新たに特別法を作る必要がある。憲法によると、特定の自治体(大阪府)にだけ適用される法律を作る場合、住民投票による同意が必要だ。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです