特集

ゴーン被告逃亡

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が2019年にレバノンに逃亡。なぜ逃亡できたのか。今後の裁判の行方は。

特集一覧

「逃亡理由は公判の遅れ」 ゴーン被告に10時間インタビューの郷原弁護士が記者会見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
レバノンのベイルートで記者会見するカルロス・ゴーン前日産自動車会長=1月8日、AP
レバノンのベイルートで記者会見するカルロス・ゴーン前日産自動車会長=1月8日、AP

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)の逃亡や事件に関し、元検事の郷原信郎弁護士が22日、東京都千代田区の日本外国特派員協会で記者会見した。検察の捜査手法などを批判してきた郷原氏は書籍化を目指して昨年11月以降、ゴーン前会長に複数回インタビューした。1月13日にもレバノンにいるゴーン前会長とテレビ電話で話したといい、ゴーン氏が逃亡の理由を「公判開始が大幅に遅れると分かり、少なくとも開始まで妻と息子に会えないことがはっきりしたから」と語っていたことなどを明らかにした。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1667文字)

【ゴーン被告逃亡】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集