メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎、緊急事態か協議 WHO委員会始まる

=ゲッティ

[PR]

 世界保健機関(WHO、本部ジュネーブ)で22日、中国で感染が広がっている新型コロナウイルスによる肺炎への対応に関する緊急委員会が始まった。専門家が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当するかどうかや、感染拡大を防ぐ措置などについて協議する。WHOの緊急事態宣言は、2019年7月にコンゴ民主共和国東部で流行したエボラ出血熱でも出された。【パリ久野華代】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  2. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  3. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  4. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです