メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR東海、22年ぶり新型通勤電車 315系、停電用蓄電装置を初搭載 21年度導入

JR東海が22日発表した在来線新型車両「315系」の外観イメージ=同社提供

 JR東海は22日、在来線の新型車両「315系」を開発し、2021年度から順次導入すると発表した。車内防犯カメラを1両に5カ所ずつ設置し、停電時に最寄り駅まで自力走行できるよう蓄電装置も初めて搭載する。通勤電車の新型導入は1999年の「313系」以来22年ぶり。

 開発は今の「211系」「213系」「311系」の各車両が更新時期を迎えるため。特に211系は…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  5. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです