メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黄金世代を追え

豊昇龍、豊ノ島破り7勝目 強い足腰で寄りたて 納谷はライバル降す 大相撲初場所

ベテランの豊ノ島(手前)を倒した豊昇龍=東京・両国国技館で2020年1月22日午後2時49分、村社拓信撮影

 大相撲初場所11日目の22日、東十両14枚目の豊昇龍(20)は、東11枚目で三役通算13場所のベテラン、豊ノ島(36)を破って7勝目を挙げた。立ち合いで双差しを許したが、足腰の強さにものをいわせて寄りたてた。まわしがほしい豊ノ島の胸をもろ手で突いて距離を取ると、土俵際で相手の腰が浮いたのを逃さず右の下手を取り、腰を低くして投げつけた。「絶対に引かないように、と思った。体がよく動いて、前に出られた」と満足そうに振り返った。

 関取最年長で叔父の元横綱・朝青龍と9度対戦し2勝した豊ノ島に、これで2場所連続の白星。「勉強と思って挑んだ。勝ててよかった」と、口も滑らかだった。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢の医師が相次ぎ死亡 当局が表彰、子どもの受験優遇も

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

  5. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです