メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黄金世代を追え

豊昇龍、豊ノ島破り7勝目 強い足腰で寄りたて 納谷はライバル降す 大相撲初場所

ベテランの豊ノ島(手前)を倒した豊昇龍=東京・両国国技館で2020年1月22日午後2時49分、村社拓信撮影

 大相撲初場所11日目の22日、東十両14枚目の豊昇龍(20)は、東11枚目で三役通算13場所のベテラン、豊ノ島(36)を破って7勝目を挙げた。立ち合いで双差しを許したが、足腰の強さにものをいわせて寄りたてた。まわしがほしい豊ノ島の胸をもろ手で突いて距離を取ると、土俵際で相手の腰が浮いたのを逃さず右の下手を取り、腰を低くして投げつけた。「絶対に引かないように、と思った。体がよく動いて、前に出られた」と満足そうに振り返った。

 関取最年長で叔父の元横綱・朝青龍と9度対戦し2勝した豊ノ島に、これで2場所連続の白星。「勉強と思って挑んだ。勝ててよかった」と、口も滑らかだった。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです