メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうの炎鵬

準備万全の炎鵬、朝乃山を翻ろう 6勝5敗と白星先行 大相撲初場所

朝乃山(左)を押し出しで破る炎鵬=東京・両国国技館で2020年1月22日、喜屋武真之介撮影

 大相撲初場所11日目の22日、関取最小168センチ、99キロの炎鵬が、「大関候補」の呼び声も高い新関脇・朝乃山を破り、6勝5敗と白星を先行させた。

 立ち合いで頭を下げ、朝乃山の懐に潜り込むようにして、左腕を相手の右脚に伸ばした。狙いは「昨日の夜、急にひらめいた」という足取り。だが、左手は朝乃山の膝の裏をわずかにかすめただけ。それでも、慌てさせるには十分だった。

 「足を取れないことも想定していた。迷いはなかった」と準備万全だった炎鵬。突きにきた朝乃山に対し、今度はその右腕を手繰って引き寄せ、バランスを崩すことに成功した。俵の上にかろうじて足を残した朝乃山を、最後にひと押しして、土俵から出した。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです