メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オンライン禁煙、存在感 3カ月後「吸ってない」通院上回る スマホでどこでも、健保もサポート

オンライン禁煙治療では、患者はスマートフォンやパソコンの画面越しに診察を受ける=東京都渋谷区で2019年12月16日、吉田卓矢撮影

 東京五輪開催を前に、原則屋内禁煙とする改正健康増進法や、より厳しい東京都受動喫煙防止条例が4月に全面施行される。これを機に禁煙を考えている人も多いのではないか。そんな中、病院へ通わずに治療できるオンライン禁煙治療の効果などが関連学会で次々と発表され、注目されている。どういった治療なのだろうか。【吉田卓矢】

 昨年7月、都内の運輸関連会社に勤める男性会社員(46)は自宅でスマートフォンのアプリを立ち上げた。画面に医師が映し出され、話しかけてきた。

 医師「前回から2週間たちましたが、禁煙状況や副作用などについて教えてください」

この記事は有料記事です。

残り1697文字(全文1961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 金沢市長、新型肺炎対策での休校「2日からは考えていない」「時間がない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです