メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きままに演芸

弁士の話芸を楽しむ

活動写真弁士の坂本頼光=東京都千代田区で2020年1月15日、田中博子撮影

 寄席たいゆう亭「映画ヲ語ルの巻」が2月1日の午後1時半と午後6時、東京・新宿の紀伊国屋ホールで開かれる。無声映画のスクリーンの傍らで映像について説明をつける活動写真弁士の成長を描いた映画「カツベン!」(2019年)の周防正行監督を特別ゲストに迎え、座談会のほかさまざまな話芸を楽しめる。

 出演は活動写真弁士の坂本頼光(楽士・宮澤やすみ)、漫談のナオユキ、浪曲師の玉川太福(昼の部のみ、曲師・玉川みね子)、玉川奈々福(夜の部のみ、曲師・沢村豊子)。坂本は「カツベン!」で、主演の成田凌らを指導した。今回は昼夜とも2席ずつで計4回の出番がある。「劇中で用いられた『不如帰(ほ…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 警視庁が20代男性を誤認逮捕 1人の証言をうのみ 33時間後に釈放

  3. サムスン電子の李健熙会長が死去 創業家2代目、世界的ブランドに育てる

  4. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです