メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダイバーシティ戦隊・ヤルンジャーズ 当事者が団体、防げ○○ハラ 兵庫・川西拠点、経営者らにアドバイス

ポーズを決める「ダイバーシティ戦隊・ヤルンジャーズ」の隊員たち。最前列左がリーダーの大谷邦郎さん=大阪市北区で、生野由佳撮影

 耳が聞こえない、足が不自由、発達障害――。さまざまな障害を持つ人たちが、ハラスメント対策に取り組む企業や経営者らにアドバイスする団体を結成した。名付けて「ダイバーシティ戦隊・ヤルンジャーズ」(拠点・兵庫県川西市)。障害者雇用が進む中、性別や国籍、障害の有無といった多様性を楽しくアピールする。リーダーで元毎日放送ラジオ報道部長の大谷邦郎さん(58)=同市=は「当事者の的確な視点を取り入れてほしい」と笑顔を見せる。【生野由佳】

 活動のきっかけは数年前、政治家の妻が障害者イベントで「私たちができる支援を考えます」と話した言葉だった。「障害者は支援を受けるだけの存在ではない。障害者から学ぶことはたくさんある」。そう思った大谷さんは2016年に早期退職し、情報発信のコンサルタントなどを担う「グッドニュース情報発信塾」(川西市)を設立した。

この記事は有料記事です。

残り1164文字(全文1534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです