メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

集団創作で切り出す「今」 ダムタイプ、18年ぶり新作パフォーマンス「2020」

 1984年に京都で結成され、ジャンルの枠にとらわれない表現で国内外で高い評価を受けてきたアーティスト集団「ダムタイプ」が3月、18年ぶりの新作パフォーマンスを発表する。タイトルは「2020」。今月8日にロームシアター京都(京都市左京区)で行われた初の通し稽古(げいこ)では、リーダーを置かずにプロジェクトごとに変化するメンバーで集団創作に取り組んできたダムタイプの“今”と、現代社会に対する問題意識が浮かび上がった。

 舞台中央に開けられた巨大な四角い穴。振り子のように揺れる照明。暗闇の縁で踊る女性パフォーマー。時に美しく、時にユーモラスな断片が積み重ねられていく。パフォーマーの叫びやスクリーンに投影される文字は、言葉や声、コミュニケーションへの関心を感じさせた。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです