メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介添え無しで街歩き 地図アプリ「ナビレコ」 視覚障害者向け、声で道案内

製作した音声ガイドを確認する岡貞雄さん(左)と協力者

 視覚障害者の外出を手助けする「音声ガイド地図」を普及させる取り組みが進んでいる。特定の出発地から目的地までの音声案内をボランティアや当事者が作って無料公開し、スマートフォンの専用アプリで使ってもらう仕組みで、2020年東京五輪・パラリンピックを控え、競技会場から最寄り駅までの経路も増やす。山口県下関市では、目の不自由な人が介添え無しで観光を楽しむための案内作りが始まるなど地方でも利用は広がっており、同年末に全国3000経路の公開を目指す。【佐藤緑平、内田幸一】

 視覚障害者は同行者がいれば自由に外出できるが、一人で出かけるには歩行訓練を受けたうえで白いつえを使用したり、目的地までの経路や道路事情を細かく調べたりする必要がある。

この記事は有料記事です。

残り1861文字(全文2178文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです