メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法訴訟 「平和的生存権侵害」 違憲性改めて訴え結審 /群馬

 集団的自衛権の一部行使を容認する安全保障関連法の成立で平和的生存権を侵害されたなどとして、住民208人が国に1人あたり10万円の賠償を求めた訴訟の第11回口頭弁論が22日、前橋地裁(渡辺和義裁判長)であり、原告側が同法の違憲性を改めて訴え、結審した。判決は5月27日の予定。

 原告側は最終準備書面を陳述し、集団的自衛権が戦力不保持などを規定し…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです