安保法訴訟 「平和的生存権侵害」 違憲性改めて訴え結審 /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 集団的自衛権の一部行使を容認する安全保障関連法の成立で平和的生存権を侵害されたなどとして、住民208人が国に1人あたり10万円の賠償を求めた訴訟の第11回口頭弁論が22日、前橋地裁(渡辺和義裁判長)であり、原告側が同法の違憲性を改めて訴え、結審した。判決は5月27日の予定。

 原告側は最終準備書面を陳述し、集団的自衛権が戦力不保持などを規定し…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

あわせて読みたい

注目の特集