メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

顔のアザや隻眼、光る個性 「見た目問題」偏見、差別解消を 26日まで渋谷で写真展 /東京

アルビノの人の瞳と白いまつげに焦点を当てた「星を見ている」=冨樫東正さん撮影

 顔のアザや変形など外見に症状がある人への差別や偏見といった「見た目問題」を解消しようと活動するNPO法人「マイフェイス・マイスタイル」(墨田区)が、2人の写真家とコラボレーションし、22人の当事者を撮影したアート写真を渋谷区のギャラリー「ルデコ」で展示している。26日まで。【伊藤一郎】

 撮影に協力した当事者の症状は、顔にアザがある「単純性血管腫」▽メラニン色素を十分につくることができないため、肌や体毛が白い「アルビノ」▽片方の眼球がない「隻眼」▽顔の片側の筋肉や骨がへこんだり縮んだりする「ロンバーグ病」など。ほとんどの当事者が生まれつき抱える症状で、治療が難しいケースが多い。

 会場には、当事者12人の個々の内面がにじみ出るようなモノクロのポートレート作品や、アルビノの髪やまつげの美しさに焦点を当てた作品、ほおやあごの骨がうまく形成されない「トリーチャーコリンズ症候群」の3人がおそろいの赤いスーツでポーズを取った作品など、それぞれの個性が光る。

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文936文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです