メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関門エリアでフォトウエディング人気 一生の思い出になる写真を 海外からも含め18年度352組 /山口

長府庭園内を歩き、カメラマンとポージングやロケーションを相談しながら撮影する香港のモニターカップル

 下関と北九州の両市などが取り組む「フォトウエディングの聖地・関門海峡」が、カップルの間で人気を呼んでいる。下関の城下町・長府地区や北九州の門司港レトロ、両市をつなぐ関門橋などの景観を生かし、一生の思い出になる写真を残してもらおうと、観光やウエディング関連業者と連携して取り組む。【近藤綾加】

 2019年9月中旬、下関市長府黒門東町の長府庭園。香港の会社員、チャン・ウィン・レンさん(33)の和装姿に、婚約者のリ・カン・ワさん(32)は「美しい」と感嘆のため息を漏らした。2人は両市が募集したモニターカップルに選ばれ、門司港レトロと同園で撮影を体験。秋晴れの空の下、撮影は和やかに続いた。

 終了後、チャンさんは「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿して、友達にも関門エリアでの撮影を勧めたい」と満足げだった。

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです