メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

武漢で「万家宴」の怪=坂東賢治

坂東賢治専門編集委員

 <moku-go>

 2002年から03年にかけ、中国から世界に広がった重症急性呼吸器症候群「SARS」の流行では中国政府から世界保健機関(WHO)への報告が3カ月も遅れ、世界的な批判を浴びた。

 感染拡大より社会治安への影響を重視した情報統制が問題化し、当時の北京市長や衛生相が引責辞任した。武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎への対応に教訓は生かされたのか。

 最初に原因不明の患者が発見されたのが昨年12月8日。同31日にはWHOに報告されているからSARSよりは対応が早かった。約1カ月でウイルスの遺伝子配列を特定し、公表したことは世界的にも評価されているようだ。

 だが、首をかしげざるをえないのは…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「手に負えなくなる。緊急事態宣言出すべきだ」 大阪・吉村知事がツイッターで発信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです