メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

武漢で「万家宴」の怪=坂東賢治

坂東賢治専門編集委員

 <moku-go>

 2002年から03年にかけ、中国から世界に広がった重症急性呼吸器症候群「SARS」の流行では中国政府から世界保健機関(WHO)への報告が3カ月も遅れ、世界的な批判を浴びた。

 感染拡大より社会治安への影響を重視した情報統制が問題化し、当時の北京市長や衛生相が引責辞任した。武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎への対応に教訓は生かされたのか。

 最初に原因不明の患者が発見されたのが昨年12月8日。同31日にはWHOに報告されているからSARSよりは対応が早かった。約1カ月でウイルスの遺伝子配列を特定し、公表したことは世界的にも評価されているようだ。

 だが、首をかしげざるをえないのは…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  3. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです