連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

就学不明「国が対応を」 「外国籍の子」報告書案

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
報告書の骨子案について議論する有識者会議のメンバーら=文部科学省で2020年1月21日、奥山はるな撮影
報告書の骨子案について議論する有識者会議のメンバーら=文部科学省で2020年1月21日、奥山はるな撮影

 日本に住民登録している外国籍の子ども約2万2000人が小中学校に通っているか分からない「就学不明」となっていることを受け、文部科学省は就学促進について、国にも積極関与を求める報告書骨子案をまとめた。自治体の取り組みは財政事情などにより大きな差が生じていたが、国が法令上の措置を含めた対応を取ることで、就学不明を解消することを目指す。一方、大半の自治体は就学不明の子どもの追跡調査をしたことがなく、戸惑いの声も上がる。【奥山はるな、堀智行】

この記事は有料記事です。

残り3201文字(全文3421文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集