メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

ゴーン被告逃亡と司法 日本は主体的改革を 外国と単に比べずに=論説委員・北村和巳

 保釈されていた日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告の国外逃亡により、日本の刑事司法が海外の注目を集めた。被告の主張には的外れな点や誇張が多いが、取り調べや身柄拘束のあり方などについて、課題を抱えているのは事実だ。海外の制度とは起訴や裁判の仕組みが異なるため、単純に比較はできない。それでも、日本の刑事司法を改善していくため、改めて考える機会にしたい。

 「起訴されたら有罪率99%。公正な裁判は受けられない」。レバノンで記者会見したゴーン被告は、日本の刑事司法を時代遅れだと訴えた。日本の制度を批判的に報じる海外メディアも出ている。

 しかし、被告の主張は、有罪判決の可能性が高いと見込んだ場合にのみ刑事訴追する日本の現状を踏まえていない一方的な批判だ。

この記事は有料記事です。

残り1974文字(全文2301文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 和歌山・紀の川市立中でクラスター 教員3人が新型コロナ感染

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです