メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

斉藤実さん=第96代警視総監に就任

警視総監に就任した斉藤実さん=宮間俊樹撮影

 東京五輪・パラリンピックをひかえ、警備のエキスパートとして重責を担う。「大変光栄だが身の引き締まる思い。都民や国民の期待に応えたい」

 警察キャリアとして九州・沖縄サミットやサッカー・ワールドカップなど大規模警備で指揮を重ねてきた。東日本大震災では警察庁警備課長として現地に入り、被災者に寄り添う警察官の姿を見た。「強さと優しさが、警察の原点だと改めて思った」と振り返る。

 印象に残るのは、文民警察官が1992年にカンボジアに派遣された国連平和維持活動(PKO)だ。警察庁人事課で文民警察官の採用や後方支援に携わった。現地に2週間ほど滞在し、危険な任務が続く隊員と同じ宿舎に泊まって語り合った。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです