メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飼育ノート

鳥羽水族館 白と黒くっきり イロワケイルカ

飼育プールの中を泳ぐイロワケイルカの親子=鳥羽水族館提供

 イロワケイルカは、南米大陸の南端周辺およびインド洋のケルゲレン諸島周辺に生息するイルカで、その種名が示す通り、体色が白と黒にくっきりと色分けされているのが最大の特徴です。成長しても体長150センチ、体重60キロほどにしかならず、世界最小クラスのイルカといえます。鳥羽水族館を含む国内三つの水族館が南米チリまで合同調査に出かけ、1987年に生態研究のため日本に持ち帰ったのが飼育の始まりです。

 飼育プールでは小さな体で機敏に泳ぎ回り、ジャンプをしたりボールを運んだりして、よく遊びます。また、胸びれの前縁にはノコギリ状のギザギザとした突起が並んでおり、これで他の個体の体をこすることにより、コミュニケーションをとっています。春から夏には繁殖期を迎え、雄が雌の背中やおなかに胸びれをこする求愛行動が頻繁に観察されます。

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです