メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎で厚労省が検疫強化方針 健康状態自己申告、中国便全搭乗者に拡大

サーモカメラの映像で入国者をチェックする検疫官=関西国際空港で2020年1月21日午後5時2分、幾島健太郎撮影

[PR]

 中国の武漢市で集団発生した新型コロナウイルスによる肺炎が拡大している問題で、加藤勝信厚生労働相は23日、中国から入国する全ての航空便への検疫を強化する方針を示した。

 これまで武漢市や上海市からの航空便で、搭乗者の健康状態について自己申告するよう求めていたが、全ての航空便搭乗者に拡大する。加藤氏は、国会内で記者団に「早急に次の感染拡大の防止に向けた対策を強化したい」と述べた。また、国立感染症研究所だけでなく、全国の衛生研究所でも検体を検査できるようにするとし、検査態勢の強化に努めることも明らかにした。

 今後、入院の勧告や就業制限が可能となる感染症法上の「指定感染症」にするかどうかは、世界保健機関(WHO)の緊急委員会の結論によって判断する。【村田拓也】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  2. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 「東京マラソン・ショック」 各地の大会も相次ぎ中止 専門家は「背景に責任論」

  5. ファクトチェック 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです