「最前列に座って連中の腐った顔をにらみつけたい」トランプ氏、弾劾裁判出席に意欲

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の会場で報道陣の取材に応えるトランプ米大統領(右奥)=スイス東部ダボスで2020年1月21日、AP
世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の会場で報道陣の取材に応えるトランプ米大統領(右奥)=スイス東部ダボスで2020年1月21日、AP

 トランプ米大統領は22日、訪問先のスイスで記者会見し、上院で始まった自身に対する弾劾裁判について「ぜひ出席したい」と述べた。「(ホワイトハウスの)弁護団にとっては問題かもしれないが、最前列に座って(野党・民主党の)連中の腐った顔をにらみつけてやりたい」とも語った。一方、民主党が求めるボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の証人召喚については「安全保障上の問題がある」として否定的な考えを示した。

 トランプ氏は世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の日程終了後、予定外で開いた会見で、弾劾裁判について問われ「私が出席したら最高だろう。すばらしいと思わないか」などと繰り返した。トランプ氏は昨年の下院での弾劾調査にも出席検討を表明するなど、「完全なでっち上げ」と主張するウクライナ疑惑に関し自らの言葉で潔白を証明したいとの思いが強い。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文760文字)

あわせて読みたい

注目の特集