茨城空港から東京駅「500円バス」に補助金廃止 知事「県内行きが優先」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
茨城空港から東京駅に向かう関東鉄道の高速バス=小美玉市の茨城空港で2020年1月22日、庭木茂視撮影
茨城空港から東京駅に向かう関東鉄道の高速バス=小美玉市の茨城空港で2020年1月22日、庭木茂視撮影

 茨城県は22日、茨城空港(小美玉市)とJR東京駅を結ぶ直行バスの運行会社への補助金を2019年度限りで廃止する方針を明らかにした。代わりに、空港と県内を結ぶバス路線などを対象にした補助金を新設する。空港の利用客に、まずは県内で消費してもらいたい考えがある。

 大井川和彦知事が22日の定例記者会見で、補助金の廃止と新設を表明した。知事は「外国からの利用客が地元で消費することなく東京に行っている懸念がある。県民の税金で、(東京を観光する人の)補助をするのは問題がある」と指摘。関東鉄道は取材に対し「今後の対応を県などと検討している」とした。

 新設する補助金は、20年度当初予算案に関連経費を盛り込む方向で検討している。空港と結ぶバス路線は、観光地の周遊や鉄道の駅などが想定されるが、詳細は今後検討するという。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文677文字)

あわせて読みたい

ニュース特集