九州新幹線・長崎ルート 佐賀県知事が国交省に反発「協議入りは考えられない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山口祥義佐賀県知事=竹林静撮影
山口祥義佐賀県知事=竹林静撮影

 九州新幹線・長崎ルートで県内を通る未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)の整備方式を巡り、国土交通省と佐賀県の間で協議に対する認識の違いが鮮明になっている。「1月中には可及的速やかに協議に入りたい」と、事務レベルでの本格的な協議入りを急ぐ同省に対し、山口祥義知事は22日の定例記者会見で「1月中の協議入りは到底考えられない」と明言。事務レベル協議は文書で進める考えを明らかにした。【竹林静】

 16日に県庁を訪れた同省の足立基成・幹線鉄道課長は、南里隆・地域交流部長と面談。開発の遅れなどで断念されたフリーゲージトレイン(軌間可変電車)の他、県が「これまでの合意にない」(山口知事)と反発するフル規格、ミニ新幹線など「五つの整備方式の論点を整理し真摯(しんし)に協議する」と文書で提案した。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文823文字)

あわせて読みたい

ニュース特集