「不要不急の渡航やめるように」 新型肺炎、武漢の危険情報「レベル2」に引き上げ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中国湖北省武漢市の漢口駅で、乗客の体温を測る医療関係者=2020年1月22日、新華社AP
中国湖北省武漢市の漢口駅で、乗客の体温を測る医療関係者=2020年1月22日、新華社AP

 西村明宏官房副長官は23日午前の記者会見で、中国湖北省武漢市などでの新型コロナウイルスによる肺炎の広がりを受け、同市の「感染症危険情報」を不要不急の渡航をやめるよう呼びかける「レベル2」に引き上げると明らかにした。

 21日夜には十分な注意を促すレベル1を出していたが、感染が拡大していることから対応…

この記事は有料記事です。

残り53文字(全文203文字)

あわせて読みたい

注目の特集