千葉から東京へ、野菜行商の歴史伝える「担ぎ台」保存へ JR成田線湖北駅

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR小林駅(千葉県印西市)から成田線を使って東京・日暮里駅に到着した野菜行商の女性たち=1964年11月
JR小林駅(千葉県印西市)から成田線を使って東京・日暮里駅に到着した野菜行商の女性たち=1964年11月

 千葉県我孫子市のJR成田線湖北駅ホームにある、かつて盛んだった東京への野菜行商を支えた「担ぎ台」(行商台)が、歴史史料として活用されることになった。駅の改良工事に伴い7台すべて撤去される予定だったが、市が保存を要望。JR東日本千葉支社は3台をそのまま残し、4台を市や鉄道博物館(さいたま市)などに引き取ってもらうことにした。2台を受け取った我孫子市はイベントで展示するなどして野菜行商の歴史を後世に伝えることにしている。

 担ぎ台と呼ばれる台は鉄製で幅33センチ、高さ67センチ、長さ3メートル。設置された時期は不明だが、かつて数十キロの野菜を担いでいた行商の女性たちが列車が到着するまでの間、荷物を背負ったまま一休みできるよう設置された。腰掛けるには高すぎ、今はほとんどの乗客は担ぎ台と知らずに荷物置きなどとして利用している。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文808文字)

あわせて読みたい

注目の特集