メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「○○でがんが治る!」「魔法の治療法」…派手な宣伝文句は危険サイン

 ネット上の情報が人の命を奪いも、救いもする。そんな時代に「がん治療」とどう向き合い、情報収集すれば良いのか。「エコーチェンバー」現象について聞いた前編に続き、アメリカ在住のがん研究者、大須賀覚さん=米国・アラバマ大バーミンガム校助教授=に、さらに治療法について尋ねた。標準治療とは何なのか。代替治療と比べ、長期生存率にどのような差があるのか。【オピニオングループ/小国綾子】

 --「標準治療」とは何なのですか。「標準」と聞くと、もっと良い治療法が別にある気がしてしまいます。カツ丼で言えば「並」より「上」「特上」というように。

 ◆それは大変な誤解です。「標準治療」というのは、現時点で最も効果があると実証された治療方法のことです。何十年という年月をかけ、何千人、何万人の患者さんの治療を通して、進歩してきた治療法です。しかも、日本では保険適用されているため、負担も少ない。

この記事は有料記事です。

残り4055文字(全文4442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 「子供のマスクは手作りを」 学校再開に向け文科省が呼びかけ

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです