「○○でがんが治る!」「魔法の治療法」…派手な宣伝文句は危険サイン

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ネット上の情報が人の命を奪いも、救いもする。そんな時代に「がん治療」とどう向き合い、情報収集すれば良いのか。「エコーチェンバー」現象について聞いた前編に続き、アメリカ在住のがん研究者、大須賀覚さん=米国・アラバマ大バーミンガム校助教授=に、さらに治療法について尋ねた。標準治療とは何なのか。代替治療と比べ、長期生存率にどのような差があるのか。【オピニオングループ/小国綾子】

この記事は有料記事です。

残り4254文字(全文4442文字)

あわせて読みたい

注目の特集