活性酸素少ない細胞からヒトiPS細胞作製で、DNA損傷抑えられる 日・カナダの研究チーム発表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
赤血球のもとになる赤芽球を多く含むさい帯血から作製したヒトiPS細胞。右下の線の長さは100マイクロメートル(マイクロは100万分の1)=放射線医学総合研究所提供
赤血球のもとになる赤芽球を多く含むさい帯血から作製したヒトiPS細胞。右下の線の長さは100マイクロメートル(マイクロは100万分の1)=放射線医学総合研究所提供

 活性酸素が少ない細胞からヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製すると、従来よりDNAの損傷を抑えられることを、放射線医学総合研究所(千葉市)など日・カナダの研究チームが英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズで発表した。損傷が生じる原因の一端を解明したとも報告。iPS細胞を使う再生医療の安全性向上につながる成果として注目される。

 iPS細胞は、体細胞に複数の遺伝子を導入して「初期化」し作製する。初期化の際に、遺伝情報を担うDNAの300~1000カ所で変異が生じることが分かっている。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文644文字)

あわせて読みたい

注目の特集