メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

“猫スポット”の山口大共同獣医学部キャンパス内で、学生が「大学猫」活動

 山口大共同獣医学部(山口市)の学生らが、キャンパス内で地域猫ならぬ「大学猫」活動に取り組んでいる。同大構内は、多数の野良猫が暮らす“猫スポット”で、個体数や生態をサークル「山大にゃんこ大作戦」のメンバーが調査して不妊手術や「里親」探しに結びつけるほか、獣医の卵としての知識を生かした地域啓発活動にも力を入れる。

 「あの子見たことない。どこから来たんかな」。サークルが週に1度実施する「ねこ調査」で、大学内に複数ある猫のたまり場を見て回る学生がつぶやいた。以前からいる猫の動向を把握するほか、新たに成猫を見つければ外見の特徴、妊娠の有無などを台帳に記録し、大学とその周辺に暮らす猫の個体識別を進めている。これまで記録したのは約40匹。初めて見た猫にはその場で名前を付ける。口ひげのような鼻の下の黒毛が目立つ「課長…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  4. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  5. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです