メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候科学「非常に」「かなり」信頼、日本は25% 30カ国平均は57%

世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の会場で報道陣の取材に応えるトランプ米大統領(右奥)=スイス東部ダボスで2020年1月21日、AP

 スイスのシンクタンク「世界経済フォーラム」(WEF)が気候科学への信頼度について世界30カ国で調査したところ、科学者の発言や研究成果などについて「非常に」「かなり」信頼していると答えた人は、日本では25%にとどまった。30カ国の回答者の平均は57%で、気候変動対策に後ろ向きなトランプ政権の米国の45%も下回った。

 調査は1月2~13日、30カ国の1万501人を対象にインターネットで実施し、結果を21日に公表した。

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 安倍首相要請、3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 大阪市立小中・幼稚園、2週間臨時休校 卒業式は短縮、参加人数制限し実施

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです