メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

封鎖された武漢「びっくり」「買い占めはないが…」 現地の日本人緊張 新型肺炎

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している中国湖北省武漢市は23日、航空便や鉄道の運行が停止され、緊迫感に包まれた。街全体が事実上封鎖された形で、現地で暮らす邦人も外出を控えるなどして緊張した生活を強いられている。国内では感染拡大を懸念し、警戒が強まった。

 「突然駅や空港が封鎖され、びっくりした」。昨年9月から語学留学生として武漢大で学ぶ大分市の職員、池永大駿(ひろたか)さん(30)は、毎日新聞の電話取材に戸惑うように話した。

 池永さんによると、街中は普段より人通りが少なく、ほとんどの人がマスクを着用。大型連休となる旧正月(春節)を前に多くの店が閉まり、閑散としているという。

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  5. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです