メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

封鎖された武漢「びっくり」「買い占めはないが…」 現地の日本人緊張 新型肺炎

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している中国湖北省武漢市は23日、航空便や鉄道の運行が停止され、緊迫感に包まれた。街全体が事実上封鎖された形で、現地で暮らす邦人も外出を控えるなどして緊張した生活を強いられている。国内では感染拡大を懸念し、警戒が強まった。

 「突然駅や空港が封鎖され、びっくりした」。昨年9月から語学留学生として武漢大で学ぶ大分市の職員、池永大駿(ひろたか)さん(30)は、毎日新聞の電話取材に戸惑うように話した。

 池永さんによると、街中は普段より人通りが少なく、ほとんどの人がマスクを着用。大型連休となる旧正月(春節)を前に多くの店が閉まり、閑散としているという。

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  3. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです