メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「住民は武漢市外に出るな」新型肺炎 1100万人の大都市が事実上の封鎖

高速道路の料金所で、デジタル体温計を使い運転手の体温を測る民兵=中国湖北省武漢で1月23日、AP

 中国湖北省武漢市政府は23日午前10時(日本時間午前11時)、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を防ぐために市外に向かう航空機や鉄道、市内の地下鉄やバスなどの公共交通機関の運行を一時停止した。道路も市境に検問所を設置し、市外に出る車の乗員に体温検査を実施。24日からの春節(旧正月)に伴う大型連休を前に人口約1100万人の大都市を事実上封鎖する措置を取った。北京の日本大使館によると、武漢市で日本人が肺炎を発症して入院している。感染が確認されれば日本人では初となる。

 武漢市政府は住民に市外に出ないよう求め、人が集まる公共の場でのマスク着用を義務づけた。政府は「食料や医療品などの備蓄は十分」としているが、中国メディアは市内の商店で食料やマスクなどが売り切れ、病院の外まで発熱外来の受診を待つ人が列をなす様子を伝えており、都市機能の混乱を…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  4. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  5. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです