「住民は武漢市外に出るな」新型肺炎 1100万人の大都市が事実上の封鎖

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
高速道路の料金所で、デジタル体温計を使い運転手の体温を測る民兵=中国湖北省武漢で1月23日、AP
高速道路の料金所で、デジタル体温計を使い運転手の体温を測る民兵=中国湖北省武漢で1月23日、AP

 中国湖北省武漢市政府は23日午前10時(日本時間午前11時)、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を防ぐために市外に向かう航空機や鉄道、市内の地下鉄やバスなどの公共交通機関の運行を一時停止した。道路も市境に検問所を設置し、市外に出る車の乗員に体温検査を実施。24日からの春節(旧正月)に伴う大型連休を前に人口約1100万人の大都市を事実上封鎖する措置を取った。北京の日本大使館によると、武漢市で日本人が肺炎を発症して入院している。感染が確認されれば日本人では初となる。

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文932文字)

あわせて読みたい

注目の特集