メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大津園児死傷 被告に禁錮4年6月の実刑 大津地裁判決

「住民は武漢市外に出るな」新型肺炎 1100万人の大都市が事実上の封鎖

高速道路の料金所で、デジタル体温計を使い運転手の体温を測る民兵=中国湖北省武漢で1月23日、AP

 中国湖北省武漢市政府は23日午前10時(日本時間午前11時)、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を防ぐために市外に向かう航空機や鉄道、市内の地下鉄やバスなどの公共交通機関の運行を一時停止した。道路も市境に検問所を設置し、市外に出る車の乗員に体温検査を実施。24日からの春節(旧正月)に伴う大型連休を前に人口約1100万人の大都市を事実上封鎖する措置を取った。北京の日本大使館によると、武漢市で日本人が肺炎を発症して入院している。感染が確認されれば日本人では初となる。

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  2. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

  3. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  4. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  5. 東京マラソン 一般参加者の縮小検討 新型肺炎受け「あらゆる想定している」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです