メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日中マンガ道

/3 遅咲きの新人、一躍トップ

「すべてを失った時、本当にやりたいことに気づいた」と語る許先哲さん=福建省アモイで、河津啓介撮影

所持金450円から奮起

 中国の漫画家、許先哲(きょせんてつ)さん(35)は「チャイナ・ドリーム」の体現者だ。2015年、漫画配信アプリ「新漫画」から歴史アクション作品「〓人(ひょうじん)」でデビューし、遅咲きの新人が中国漫画界のトップに一躍上り詰めた。

 許さんの住まいは、「新漫画」の拠点がある中国南部福建省アモイにある。縁もゆかりもない土地だったが、連載が決まってから創作に集中できる環境を求めて引っ越してきたそうだ。

 「30歳を過ぎて次々と不思議なことが起こり、憧れていた日本の漫画家が『〓人』を評価してくれた。どん底にいた十数年前の自分に会えるなら『信じる道を歩めばいい』と励ましてやりたい」

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです