メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第74回毎日映画コンクール(その2止) TSUTAYA映画ファン賞

毎日映画コンクールでTSUTAYAファン賞を受賞した映画監督の白石和彌さん=東京都港区で2020年1月6日、北山夏帆撮影

 <TSUTAYA 映画ファン賞2019>

 ◆日本映画部門 凪待ち

人生再起へ一筋の光 白石和彌監督「弱い立場の人に寄り添う」

 「こういった人気投票的なものには縁遠いと思っていたのでうれしい」。率直な思いを口にした。

 2019年6月28日に公開された映画「凪待ち」。香取慎吾演じる主人公の郁男は、ギャンブル漬けの生活から足を洗おうと、恋人の亜弓(西田尚美)の古里・宮城県石巻市で新生活を始める。だがその直後、亜弓が殺害され、それを契機に闇賭博に溺れて生活が破綻していく――というストーリーだ。

 「10代前半からアイドルとして活躍してきた、太陽のような明るいイメージの香取さんを、ほぼ笑わない役柄にしたのは冒険だった。でも、光が強い分、影があるもので、そんな奥深い一面を見せたかった」と振り返る。そして、見事に演じきった香取への感謝と敬意の言葉を繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り3310文字(全文3687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです