メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ これだけは言いたい 俳優・中村敦夫さん・79歳 日本はいまだ封建国家だ

中村敦夫さん=根岸基弘撮影

 俳優の中村敦夫さん(79)と昨年11月、長野県大町市の農家民宿に泊まった。築100年以上の古民家だった。中村さんは自ら台本を書いた反原発朗読劇「線量計が鳴る」の長野公演を終え、この宿に。翌日、再生可能エネルギーの普及状況を視察するという中村さんに誘われ、私も合流した。会うのは1年ぶり。夜は一献傾けながらの政治談議になった。中村さんは安倍晋三政権の経済政策をやり玉に挙げた。

 「原発の輸出戦略は見事にこけましたね。アベノミクスは金融緩和で株価を上げただけ。国は借金を増やし、世界に売る物がなくなってきたから、今度は武器を売ろうとしている」

この記事は有料記事です。

残り2906文字(全文3176文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

  2. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです