メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童120人、手話で歌 入間・西武小 /埼玉

森田登さん(右手前)をまねて手話をする児童たち=埼玉県入間市野田の西武小学校で

 入間市立西武小学校の4年生約120人が23日、市が普及に力を入れている歌「どこから来たの?」を手話で「歌う」授業があった。市社会福祉協議会が小中学生向けのプログラムを作り、実施希望校を募った。今回初めて実施した。

 歌は入間市出身の音楽家、杉山勝彦さんが子どもたちのために作り、市内の学校などで歌われている。授業は、親しみ深い歌で手話を学びながら、聴覚…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  5. コンビニに日本刀の男 妻を複数回刺し死なす 自営業の51歳緊急逮捕 岡山・赤磐

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです