メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人雇用 経営者らノウハウ共有 共生セミナーに計270人 /大阪

外国人雇用のノウハウや共生の理念を伝えた「外国人材との共生セミナー」=大阪市天王寺区の大阪信用金庫本店で、岩崎日出雄撮影

 外国人雇用のノウハウや共生の理念を伝える「外国人材との共生セミナー」が22日に関西みらい銀行心斎橋本社ビル(大阪市中央区)で、23日に大阪信用金庫本店(同天王寺区)で、それぞれ開かれた。毎日新聞社と在日ベトナム人協会、府、両銀行などの主催で、2日間で中小企業経営者を中心に計約270人が参加した。

 日本の労働人口減少を背景に外国人雇用が増加し…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです